本文へスキップ

名古屋市北区の眼科クリニック。眼科とうもとクリニックです。

電話でのお問い合わせはTEL.(052)909-6700

〒462-0007 愛知県名古屋市北区如意2-95

院内設備facilities

マルチカラーレーザー光凝固装置

施設写真

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔など眼底疾患の進行を抑制する目的で眼底網膜の病変部にレーザーを照射する治療機械です。 糖尿病網膜症では、網膜の血流が悪くなり酸素不足が起こります。それを補うために生える、新生血管を抑制し新生血管からの出血や、増殖膜からの網膜剥離を予防するための大切な治療機械です。 視力を回復させる治療ではなく、網膜症の進行を抑える目的で使用します。 また、網膜に小さな穴が開いている場合、そこから網膜剥離を引き起こす事を予防する目的で使用する場合もあります。 当院ではグリーン、イエロー、グリーン/イエロー、レッドの4つの波長を供給する唯一のシステムであるマルチカラーを導入しております。


OCT(光干渉断層計)

機器写真

眼底に弱い赤外線を当て、反射して返ってきた光を利用して目の奥の網膜の状態を三次元で解析する装置です。 従来の眼底検査では平面でしか観察できなかった網膜の断層像を、立体的にかつ断面的に観察し、評価することができます。 そのため網膜の腫れや浮腫みなどの変化を僅かであっても見つけることができ、加齢黄斑変性や黄斑円孔、糖尿病網膜症などの早期発見、早期治療、経過観察に役立っております。 また、緑内障においても視野が欠ける(自覚)症状が現われる前に発見でき、早期治療することができます。 検査時間も短く、痛みも伴わないため患者様の負担も軽く精度も高いため、当院でも2010年12月より導入しております。 また、人体に与える影響もほとんどないため、安心して受けていただくことができます。


ゴールドマン視野計

施設写真

何種類かの明るさ、大きさの異なる光を使用し、 実際の視界の広さを測定します。緑内障や脳内疾患による異常の有無や進行の程度を調べることができる他、 身体障害者の視覚障害による障害者手帳の等級判定にも必要な検査です。脳内疾患が疑われる場合はCT、MRIなどの精密検査を提携病院に依頼します。 患者様の反応を確認しながら行うため、患者様のペースに合わせて進めていくことができ、自動視野計では検出しきれない、 精密な結果を得ることも可能です。


眼科とうもとクリニック眼科とうもとクリニック

〒462-0007
愛知県名古屋市北区如意2-95
TEL 0529096700
FAX 0529096707